Stop The Periodontal disease歯周病・歯槽膿漏の予防&治療ガイド
歯周病・歯槽膿漏を理解して頂き治療や予防をきちんと行うことが大切です

歯周病(歯槽膿漏)について

歯周病とは、その名の通り歯の周囲組織が病菌に侵されることで、歯肉が炎症を起こし出血してしまう病気です。

まずは歯肉炎が起き、そこから歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の隙間が大きくなっていきます。

放置して更に進行してしまうと、周囲の骨を溶かされ、最終的には歯が抜け落ちてしまうこともあります。この最終段階を歯槽膿漏とも呼びます。

かつては、歯周病すべての段階を含め歯槽膿漏と呼ばれていた事もありました。歯周病だと自覚症状がでた頃にはかなり進行している場合も多いです。

日本人の80%が歯周病にかかっていると言われますので、定期的な検診を受け、早い段階で対処していく必要があります。

プラークコントロールという言葉

テレビのコマーシャルなどでプラークコントロールという言葉を聞いた事があるかもしれませんが、これは歯垢を取り除いたり、歯垢が歯などに付着しない様にする事を言います。

なぜプラークコントロールを行う必要があるのか、という事ですが、歯周病の原因菌は歯垢の中に含まれています。

そのため、歯垢を除去すれば菌も同時に除去できるというものです。

歯の表面に付いた歯垢を直接ブラシで落とす方法はとても効果的の様です。それでも気になるという人は歯周病関連のグッズがいろいろ売られていますので、併用するなどして使ってみるといいかもしれませんね。

また、歯科医に行く事も忘れない様にしましょう。プラークコントロールで歯周病を食い止めよう。

歯周病を予防することが大切

冷たいもの、熱いものなどを食べるとき歯がしみる不快感や痛みを感じたことはありませんか?

もしあてはまるなら、「知覚過敏」かも知れません。知覚過敏は歯周病などによって歯茎が退縮することでおこります。歯周病を予防することが大切です。

歯周病の大きな原因の一つは、食事の後の食べかすが歯に残っているからです。食べかすは、口臭の原因にもなります。最近、歯周病予防で人気のある歯磨き粉は口臭予防ができるものや、薬用の成分が配合されているものです。

薬局には色々な歯磨き粉がありますので、効果的な歯みがき粉や歯ブラシを探してみてはいかがでしょうか。

定期的に通う歯科

虫歯で歯科医に行く事は多いのに、歯周病で歯科医に行く事はあまりないのではないでしょうか。しかし、歯周病は放置していると知らない間に重症化してしまいます。そのため、できるだけ定期的に歯科医に通う事をおすすめします。

歯周病は時には、糖尿病や心筋梗塞、または脳梗塞などの病気と関係していることもある様です。普段から予防をしっかり行っておく事はもちろん、定期健診も大切ですね。

普段から歯の病気を予防して、いつまでも健康的な歯を保つようにしましょう。

歯科の診察時間

仕事が忙しい人などは歯科医に通う事が難しい場合があります。

特に、平日は朝から晩まで仕事があると言う人は多いのではないでしょうか。

多くの歯科医は日曜日や休日は休みですし、土曜日も午前中だけしか診察を行ってない場合も多いです。そういう人のために、土日も診察を行っていたり、平日も遅くまで診察を行っている歯科医が増えてきました。

これなら、どんな忙しい人でも空いた時間で歯科医に行く事ができるのではないでしょうか。診察時間が長いと、急に歯が痛くなった時などにも助かりますね。