Stop The Periodontal disease歯周病・歯槽膿漏の予防&治療ガイド
歯周病・歯槽膿漏を理解して頂き治療や予防をきちんと行うことが大切です

視野が広いマイクロスコープ

比較的新しく開発されたマイクロスコープの中には、従来の物と比較すると視野が広い物が増えているみたいですね。視野が広いマイクロスコープというのは使う人にとってはとても便利な事で、観察する際に対象物を頻繁に動かす必要もありません。

また、あまりマイクロスコープの操作に慣れていない人であっても、使い方さえ分かれば簡単にマイクロスコープを使う事ができるのではないかと思います。

高機能であるマイクロスコープというのはいいですが、さらに使いやすさが加わると、ユーザーにとって利便性がさらに増しますね。これからもさらにいい商品というのは開発され続けるのではないかと思います。ぜひ期待したいですね。

マイクロスコープはダイレクトボンディングに効果を発揮します

虫歯をとって、コンボジットレジンという材料を充填する治療法を、ダイレクトボンディングといいます。虫歯を正確に把握し、虫歯を除去し、健康な歯は出来るだけ削らないようにしなくてはいけませんが、肉眼では確認することが難しく、今までは医師の経験や勘に頼って治療を行っていました。

しかしマイクロスコープの登場によって、しっかりと確認することが出来るので、虫歯を正確にとらえ、歯とのギャップを最小限にし、精密にコンボジットレジンを充填することが出来るようになりました。マイクロスコープでは、立体感が得にくい場合がありますので、他の機材と合わせながら治療を進めていきます。

マイクロスコープを用いた歯科医療について

マイクロスコープという機械はさまざまな場面で利用されていますが、歯科医療の現場において手術用顕微鏡を指す言葉です。肉眼で見られない患部を最大20倍以上に拡大して観察することができます。これを活用することにより、より精密な医療を可能としています。

マイクロスコープは、主に虫歯治療や歯周病治療、インプラント治療に用いられます。活用には講習会などの受講が必要となることや機器自体が高額であるため、簡単な導入は難しく、普及率はまだ5パーセント以下に満たないと言われています。しかし、導入・検討を行う歯科医院は増加する傾向にあります。

提供されているマイクロスコープは点検を

もしかしたら、リースなどによって提供してもらっているマイクロスコープの可能性もあるので、定期的に点検を行って、問題がないかチェックしてください。定期的なチェックによって、問題なく使えることがわかってきて、安心できる要素もあります。

使っている時間が長いほど、劣化するタイミングはある程度早いとされていますので、少しでも長く使いたいならチェックは欠かせないものです。マイクロスコープを提供してもらっている会社、もしくはリースをしている担当の会社にお願いして、メンテナンスと点検を行ってもらい、いい状態にしておきます。

美肌への近道になるマイクロスコープ

肌が綺麗な人は、お金を掛けてエステサロンや化粧品を購入しているからと思っていませんか。実は、一般の方でもしっかりと自分の肌質を知ることによって、自分に合った化粧品や化粧水などを選ぶことにより、お金をかけずとも美肌の近道になります。

そのためには、化粧品メーカーで行われている美肌測定などを活用しましょう。そこでは、肌年齢を調べたりマイクロスコープを使って、肌質を確認することができます。測定してくれる人は、専門の知識を持った人なので、肌の性質に合った化粧品や化粧水を紹介してくれます。肌の状態を知って、美肌になりましょう。

マイクロスコープ関連