Stop The Periodontal disease歯周病・歯槽膿漏の予防&治療ガイド
歯周病・歯槽膿漏を理解して頂き治療や予防をきちんと行うことが大切です

歯槽膿漏の治療

歯槽膿漏はある程度以上の年齢になるとほとんどの人が悩んでいる、非常にありふれ歯の病気です。

その為、歯槽膿漏の予防は多くの歯磨き粉が謳っていますが、中には医薬部外品に指定されている程、予防効果が高いものもあります。

又、かかってしまった歯槽膿漏に関しては医薬品扱いの歯磨き粉もあり、使い続ける事で腫れや出血などの症状に穏やかに効いてきます。

最近予防になるとして注目を浴びているのは、漢方で膿を抑える効果があるとされているなた豆を使った歯磨き粉で、通販などでの購入が中心ですが、急速に商品の数が増加しています。

歯槽膿漏とは

歯周組織が破壊される病気のことを言い、歯周病のうちの歯周炎と同じような意味でつかわれます。

学術用語として使われることはほとんどなくなりましたが、CMなどの影響で一般の認知度は非常に高いようです。

風邪をひいたり、または体調が悪くなると歯茎が腫れるという人もいる様です。他にも、ブラッシングの際に出血する、歯並びが良くなく、歯が詰まってしまう事が多い、という人は特に歯周病に注意する事をおすすめします。

一度、歯周病になってしまうと、菌を除去するなど歯科医で専門的な治療を受けなくてはいけません。しかし、かすかな症状に気がつかない事もあります。

できるだけ口の中の異常にすぐに気付く様にしたいですね。ブラッシングを行う際には、出血していないかという事も確認したいですね。

また、たまに歯茎の状態を鏡などでチェックしてみて、腫れなどがないかチェックしてみるといいかもしれませんね。

インプラントについてインプラント治療なら丸ノ内インプラントセンターへ。専門医がお応えします。

歯槽膿漏になると歯がグラグラに

歯槽膿漏になると歯がグラグラに!
歯槽膿漏になってしまうと、歯茎が弱くなり、かたい食べ物が食べられなくなってしまいます。

その結果、柔らかいものしか食べれなくなり、更に歯が弱くなってしまうという悪循環になってしまいます。歯磨きをすることで、大切な歯を守りましょう。

歯周組織が破壊される病気のことを言い、歯周病のうちの歯周炎と同じような意味でつかわれます。

学術用語として使われることはほとんどなくなりましたが、CMなどの影響で一般の認知度は非常に高いようです。

歯磨き粉のCMなどで歯槽膿漏という言葉を聞く

歯や歯茎の出血はありませんか?また口の中がベトベトする、歯茎が腫れている、固いものを食べたときに歯が痛い、口臭が気になるなどの症状はありませんか?

もし気になる症状があれば歯周病や歯槽膿漏の疑いがあります。歯医者に行きチェックしてもらいましょう。

よく歯磨き粉のCMなどで歯槽膿漏という言葉を聞くと思います。歯槽膿漏は初期段階では気付かない事が多く、知らない間に進行している事も多いようです。

歯茎から出血したり、歯がぐらぐらになるなどの症状が出てからでは、完全に治療する事が難しい場合もあります。歯磨き時に鏡でチェックしてみましょう。

歯周病にならないために

歯周病対策は日頃のケアが一番!
歯のことを考えて、毎日歯磨きしていますか?

歯周病は歯の隙間から細菌が入り込み、知覚過敏などの原因にもなることで有名です。歯周病にならないためには、歯磨きを丁寧に行い、歯茎もしっかりケアすることが重要です。

人類史上もっとも感染者の多い感染症として知られている。
歯肉炎や歯周炎が二大疾患とされている。

今では、万が一歯周病になってしまっても治療の方法というのは確立されつつあります。しかし、時として手術をしないといけない事もあり、そうなれば患者は強い痛みを経験し、高い治療費を支払う事になります。

感染してからでも治療に取りかかるのが早ければ、手術を受ける事なく完治できる事もあります。しかし、歯周病はできる限り防ぐ様にしたいですね。

予防の中心は自分で気を付ける事になります。歯磨きや定期健診は基本ですが、寝不足や運動不足など生活習慣が乱れていても感染したり悪化したりする原因となる事もあります。

喫煙は状態を悪化させてしまう原因になる可能性も高い様ですので、ぜひ注意したいですね。