Stop The Periodontal disease歯周病・歯槽膿漏の予防&治療ガイド
歯周病・歯槽膿漏を理解して頂き治療や予防をきちんと行うことが大切です

歯周病とは

口の中の歯周病原性細菌が引き起こす感染症です。

細菌による攻撃ですので、抵抗力や免疫力が弱いと細菌の活動活発になり、歯周病が進行してさらにひどい症状になってしまうことがあります。
早めの治療が必要です。

歯周病は、歯肉炎と歯周炎に分けられます。

歯肉炎は歯肉の炎症で、歯周炎は歯肉炎がさらに進行して悪化したものをいいます。

どちらの段階でも早めの治療が効果的ですので、口の中に違和感を感じたら早めに病院を訪れましょう。

歯槽膿漏よりも歯周病と呼ばれることが一般的

少し前までは歯槽膿漏と呼ばれ、口臭の原因になる程度でしか認識されていなかった病気、最近では歯槽膿漏よりも歯周病と呼ばれることが一般的になっています。

この病気にかかると歯の周囲の骨が徐々に溶けていき、最終的には歯を支える骨が無くなることで歯が抜けてしまいます。

中年以降の日本人の実に8割がこの病気にかかっており、歯を失う最大の原因となっている病気です。歯周病の予防は通常の歯磨きだけでなく、歯の隙間にある歯垢の除去、専用のうがい薬による消毒などこまめな歯の手入れが必要となります。

歯茎が痛む歯肉炎、歯のぐらつきなどは歯周病の初期症状です。症状が軽い内に正しい歯の手入れの知識を学んで、実践してください。

歯周病予防の基本

人間にとって歯は、とても大事なものです。歯の噛み合わせがずれると、体のさまざまな部分にも影響がでてきます。

もし、虫歯や歯周病などで歯を失ってしまったら、早めに歯医者さんに相談し、インプラントなどの対策をしてもらいましょう。

歯周病予防の基本は、口の中に食べかすを残さないことです。食べかすは、口臭の原因にもなります。

最近、歯周病予防で人気のある歯磨き粉は口臭予防ができるものや、薬用の成分が配合されているものです。薬局には色々な歯磨き粉がありますので、効果的な歯みがき粉や歯ブラシを探してみてはいかがでしょうか。

歯周病対策

歯周病対策は日頃のケアが一番!
歯のことを考えて、毎日歯磨きしていますか?

歯周病は歯の隙間から細菌が入り込み、知覚過敏などの原因にもなることで有名です。歯周病にならないためには、歯磨きを丁寧に行い、歯茎もしっかりケアすることが重要です。

口の中の歯周病原性細菌が引き起こす感染症です。細菌による攻撃ですので、抵抗力や免疫力が弱いと細菌の活動活発になり、歯周病が進行してさらにひどい症状になってしまうことがあります。
早めの治療が必要です。

歯周病は、感染症の一つ

人間にとって歯は、とても大事なものです。

歯の噛み合わせがずれると、体のさまざまな部分にも影響がでてきます。もし、虫歯や歯周病などで歯を失ってしまったら、早めに歯医者さんに相談し、インプラントなどの対策をしてもらいましょう。

歯周病は、感染症の一つであり口の中の歯周病性細菌が原因となっています。そのため、人の免疫力が歯周病の大きな原因となる事もあるようです。

免疫力が低下していて、体調が良くない時などは、歯周病になる可能性も高いようです。
普段から予防しておくことが大切です。