Stop The Periodontal disease歯周病・歯槽膿漏の予防&治療ガイド
歯周病・歯槽膿漏を理解して頂き治療や予防をきちんと行うことが大切です

高解像度で表現できるマイクロスコープ

時としてマイクロスコープの性能を表す言葉に倍率が使用される事もあるでしょう。しかし、マイクロスコープにおいては倍率がすべてではありません。マイクロスコープで観察した結果といかに高解像度で表現するかという事も同時に大事になってきます。

今ではマイクロスコープはとても進歩していますので、非常に高い解像度で表現できるものもあります。高解像度で表現できるマイクロスコープは細かい部分でも鮮明に表現する事ができます。

これから新しい物を導入する機会があれば、倍率だけではなく解像度についても注目するといいかもしれませんね。高機能な物は高価となる事もありますが、いい物はきっと役立つ事でしょう。

見た目以上にマイクロスコープは細く見える

スコープを通していることで、かなり細かい部分まで見られるようになり、期待している内容がわかってきます。導入しているところは、マイクロスコープを見ているだけである程度の判断ができるようになってきますので、持っているのは大きい状況を生み出します。

期待されているチェックができるようにならないと、本当にいい効果があるのかわからない場合もあります。正しい確認をするためにも、マイクロスコープはどんどん利用していかなければなりません。今後医療の現場でも、更に利用されるのは間違いないことで、導入促進は重要になっています。

現在のマイクロスコープ

マイクロスコープといえば、様々な角度から検視体をみられる次世代顕微鏡です。最近ではデジタル舞スコープも登場し、楽な姿勢で複数人と検視体をみられるようになりました。近年はさらに進化し、デジタルマイクロスコープでありながらもパソコン本体がなくても使用できるものや、オートフォーカス機能のついたものも登場しました。

値段は100万円近くするものから1000円台で購入できるものまであります。スマートフォンを接続して検視できる商品もあり、今では市民権を得たと言えます。松電舎、マイクロアドバンテージなどが有名な製造会社です。

マイクロスコープと顕微鏡の違いについて

実体顕微鏡とマイクロスコープは、どちらも対象物を観察する際に使用され、倍率に応じてより小さなものも観察できるものです。両者の違いは、基本的には倍率です。実体顕微鏡の倍率は、一般的に2倍から30倍ほどであるのに対して、マイクロスコープは数十倍から数百倍になります。

つまり、顕微鏡よりも高倍率で、より細かなものの観察に向いていると言えます。また、カメラを通してモニターに映して見ることが出来るので、肉眼で見る顕微鏡と違い、光源の調整などもなく、快適に観察を行うことができます。複数人で一度に状態が確認できるのもポイントです。

取り扱いしやすいマイクロスコープ

マイクロスコープに関して言えば、最近では若者をターゲットにした情報誌などに掲載されていますので、広い世代に知られていることがあげられます。最新鋭の製品に関しては、手軽に利用できるようにメンテナンスを簡単にしたり、取り扱いやすいようにされています。

このことから、誰でも取り扱える装置になりつつあります。しかしながら、個人用ではなく医療などで取り扱われているマイクロスコープは、また別物になりますので、そのようなこともしっかりと把握し、購入した方が自分にとって使いやすいものを購入することができるでしょう。

マイクロスコープ関連