Stop The Periodontal disease歯周病・歯槽膿漏の予防&治療ガイド
歯周病・歯槽膿漏を理解して頂き治療や予防をきちんと行うことが大切です

炎症が原因の歯周病

歯肉の炎症により、歯周病の進行を促してしまいます。
では、なぜこの炎症が起きてしまうのでしょうか?

口の中にいる細菌たちが増殖し、毒素を出すことで、歯肉が炎症を起こしてしまうのです。

また、細菌たちの活動によって、歯垢がつくられます。
歯垢は固まってしまい歯石となります。この歯石が積みかせなれることにより、更に口の中の菌が装飾し、歯が抜け落ちてしまったり、歯肉が炎症を起こして、腫れてしまい、物を噛むことが出来なくなったりしてしまいます。

普段何気なく行っている歯磨きはとても重要で、歯石をつくらないきちんとした歯磨きを行う必要があるのです。

歯並びが悪い場合、または歯磨きのブラッシング方法に間違いが有る場合

歯の咬み合わせが悪い場合や、歯並びが悪い場合、または歯磨きのブラッシング方法に間違いが有る場合には、虫歯の原因となる歯周病菌が発生しやすくなります。

歯周病菌は、虫歯を作るだけではなく、歯茎の健康をも阻害し、歯周病菌が増殖し歯茎に侵入すると、歯槽膿漏に発展してしまいます。歯槽膿漏にかかると、歯茎に炎症が起こり、強い痛みを感じるようになります。悪化すると、歯が抜け落ちる原因ともなる恐ろしいものです。

歯槽膿漏にかかると、口臭が発生するようになってしまったり、歯茎から出血する事も多くなります。

歯槽膿漏を正しく予防する為には、虫歯などが出来ていない場合にでも、歯科医で定期検診を受けられるのが適切な対応策となるのです。

歯を抜かなければいけない原因となるのが、歯周病

人は老化すると、歯を失う事が多くなってしまいます。歯を抜かなければいけない原因となるのが、歯周病です。虫歯だと思われがちですが、歯周病が原因となっているケースの方が多い様です。

いつまでも健康な歯を残すために必要な事といえば、やはり毎日のブラッシングを欠かさないという事と、歯科医に定期的に行くという事が大切ではないでしょうか。

ブラッシングは防ぐという点において役立つと考えられます。

そして、歯科医に行くというのは、万が一感染してしまっていても、早期発見し、軽度の間に治療を終えるという事ができます。単純な事ですが、これらの事に関してはずっと続ける事が大事ですね。

歯肉炎や歯周炎が二大疾患

歯周病は歯の病気である。歯肉が炎症を起こして歯が不安定な状態になることをいう。 人類史上もっとも感染者の多い感染症として知られている。
歯肉炎や歯周炎が二大疾患とされている。

冷たいもの、熱いものなどを食べるとき歯がしみる不快感や痛みを感じたことはありませんか?もしあてはまるなら、「知覚過敏」かも知れません。知覚過敏は歯周病などによって歯茎が退縮することでおこります。

普段から歯周病予防しておくことが大切です。歯周病は、感染症の一つであり口の中の歯周病性細菌が原因となっています。 そのため、人の免疫力が歯周病の大きな原因となる事もあるようです。 免疫力が低下していて、体調が良くない時などは、歯周病になる可能性も高いようです。

歯周病の大きな原因の一つは、食事の後の食べかすが歯に残っているからです。毎日歯を磨いていても、正しい歯磨きをしなければ食べかすは残ります。歯医者さんで正しい歯の磨き方を教えてもらいましょう。また定期的に歯垢や歯石除去してもらうと良いでしょう。

歯は大丈夫!?

あなたの歯は大丈夫!?

歯周病は歯の隙間から細菌が入り込み、知覚過敏などの原因にもなることで有名です。

歯周病にならないためには、やっぱり歯磨きが大切です。歯磨きを丁寧に行い、歯茎もしっかりケアすることで歯周病になりにくい環境へと導きましょう!

口の中の歯周病原性細菌が引き起こす感染症です。

細菌による攻撃ですので、抵抗力や免疫力が弱いと細菌の活動活発になり、歯周病が進行してさらにひどい症状になってしまうことがあります。

早めの治療が必要です。