Stop The Periodontal disease歯周病・歯槽膿漏の予防&治療ガイド
歯周病・歯槽膿漏を理解して頂き治療や予防をきちんと行うことが大切です

Stop The Periodontal diseaseについて

いわゆる歯周病とは、自身の日々の予防が大切な病気です。
また、治療中も自身でケアを行う必要があり、完治した後も再度歯周病にならないためには自身のケアは外すことができません。

要するに、一生の努力が必要ということになります。
日々のケアですから、一生おこなうのは当たり前なのですが、逆にいえば自己管理をある程度しっかりと行えばいいのです。

食べるという行為は健康面からみても、また人生の楽しみということから見てもとても大切な行為です。

その行為を阻害する恐れのある歯周病にならない努力は必要ではないでしょうか?

歯周病とは病源菌によって引き起こされる病気

歯周病とは病源菌によって引き起こされる病気で、歯の周辺組織が侵されると歯茎が腫れ、血が出たり歯がグラグラしてきたりして、最終的には歯を失うことにもなります。歯を失う原因の第一位で、虫歯よりも多いのです。

健康な歯を失ってしまうと、食事にも影響がありますし、痛みがひどいと毎日の生活も辛いものです。歯周病は、一種のアレルギー反応によって起こると言われています。

アレルギー反応とは、免疫機能が過剰に働いてしまうことですが、歯周病においても、口のなかの免疫機能が暴走し、炎症を起こして痛みを生じさせているのです。

歯周病について

歯周病は口臭の原因にもなります。自分では臭いに気づきにくく、それでいて他人に指摘もされにくいやっかいな問題です。

歯周病だと、歯肉と歯の隙間に歯周ポケットができます。この深さが4mm以上になると、メチルメルカプタン等の揮発性硫化物が増えます。メチルメルカプタンは口臭の原因になります。 歯周病を治療することによって、口臭を治す事ができます。

ですが原因がそれだけとは限らない為、そこだけを気にして安心しないように注意が必要です。それでも口の中の細菌を減らす事は、確実に臭いを消すことに役立つ事は間違いありません。

歯肉炎と歯周炎

歯周病は、詳しく分けると歯肉炎と歯周炎があります。

歯肉炎は歯肉が炎症することで、歯周炎は歯肉炎がさらに悪化するとおこります。
歯肉炎や歯周病が悪化すると歯を失う場合や、他の体の病気を患います。

例えば、糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞など一見、歯に関係ないと思われる病気も歯周病が原因の場合があります。
口の中に違和感を感じたら早めに歯科へ行き、治療してもらいましょう。

歯周病予防は食事の食べかすを残さないことですので毎回の歯磨きで丁寧に歯を磨くようにしましょう。

歯科医の年収

歯医者さんは高収入というイメージが強いですが、勤務医や開業医など働き方により収入に大きな差があります。

歯科を開業をする際は数千万円~数億円の開設費が必要になり借金をして開業する医師が多いようです。

しかし、歯科医院が過剰に増加していることや、少子化による人口減少などで患者が減り、開業3年以内に経営危機、閉院する歯科医院があります。

歯科は、子供から高齢者まで幅広い年齢の治療をするため、同じ症状でも治療法は様々です。

最近では、痛みが苦手な人のための無痛治療をしている歯科もあります。それぞれの患者さんに合った治療法を医師やスタッフと相談しながら不安を解消していきましょう。

歯周病・歯槽膿漏の予防・治療ガイド

二重整形もどんどん簡単になる

今までは難しい方法として考えられていた部分もありますが、美容整形と言うのは簡単にできる方法も採用されていき、徐々にですが方針が変わりつつあります。二重整形も、簡単にできる方法も用意されていて、短時間でしっかりした美容効果を得られるようにしています。

短い時間で手術ができるようになっているなら、それは大きな効果を得られるでしょう。長時間の方法が徐々に短くなり、短時間でもできる方法が模索されていくのが美容整形で、今後も方針は徐々に変わってくるのです。そして今まで以上の見た目に変わるような方法も出てきます。

マイクロスコープの利便性

マイクロスコープの特性が多くの人に認めらるようになって、さまざまな現場で使用されることとなり、そのニーズに応えて多くの製品が作られています。なかには個人用として販売されているものも数多くあり、とくに若年層に注目される製品になっています。

よりマイクロスコープを効果的に使用していくために、購入の際にはメンテナンス方法なども検討することをおすすめします。また利便性については、スマートフォンやパソコンなどにつなげることで、手軽に使用できるようにもなっていますので、多くの人が活用することができるでしょう。