Stop The Periodontal disease歯周病・歯槽膿漏の予防&治療ガイド
歯周病・歯槽膿漏を理解して頂き治療や予防をきちんと行うことが大切です

気になる治療費

歯周病の治療は特別な治療を行わない限りは保険の適応となります。

また、料金は歯周病の状況により、治療内容が変わるため、治療費については確定した金額はご案内することができません。

一般的には既に歯が抜け落ちている方は歯の本数が少ないため安くなったりします。
また、6歳未満の子供の場合は治療費が高くなったりすることがありますので、心配な方は治療を開始する前に、概算の金額を医師に確認するとよいでしょう。

保険外の治療費についても同じく、治療内容や歯科医院によって異なります。

一般的に保険外の治療費は高額になりますので、医師としっかり話し合いを行い、決定する必要があります。

定期的に歯科医を訪れる機会

皆さんは普段から検診のために定期的に歯科医を訪れる機会というのはありますか。歯科医に行くのは苦手だという人も多く、なかなか足を運ぶ機会がないという人も多いのではないでしょうか。

しかし、虫歯や歯周病がひどくなってしまえば、余計に治療が大変になってしまいます。治療もより苦痛を伴うものになってしまいます。そうならない様にするためにも、できれば半年から一年に一度程度は歯科医に行って検診を行っておく事をおすすめします。

たとえ、虫歯や歯周病になっていても軽い間に治療を行う事ができます。予防するという目的においても、ぜひ習慣的に歯科医に行く様にしましょう。また、異常がないと分かれば安心する事もできますね。ぜひ、歯科医を利用して歯の健康を維持しましょう。

歯科医師という資格

歯科医師として歯医者さんで働くには歯科医師という資格を取得しないといけません。

やはり、医療行為に当たるのできちんと資格を取得している人でないと、業務を行う事はできません。

しかし、歯科医師の資格は普通の医師とは違います。

歯科以外の診療科の場合は、医師免許が必要になります。これらの資格は両方とも国家資格となりますが、内容は随分と違います。

歯科医師は歯科という診療科に特化しています。歯科医師は他の医師とは違い、歯科だけの専門的な知識や技術が必要になります。

痛みが苦手な人のための無痛治療

「歯医者は嫌い」とい思われる方は多いでしょう。その理由として、治療時の痛みや不快なイメージが強いからだと言われています。

しかし、最近では、痛みが苦手な人のための無痛治療をしている歯科もあります。痛みが和らげば恐怖心も少なく、治療や定期健診も行きやすくなるでしょう。

歯科は、一般歯科、歯科口腔外科、矯正歯科、小児歯科などさまざまあります。一般歯科では、虫歯や歯周病の治療や、知覚過敏の治療などをしています。

歯科口腔外科とは顎口腔領域の外科処置を中心としています。矯正歯科とは噛み合わせの異常や歯並び、あごの大きさや形や位置の異常などを治療する診療科です。審美目的の矯正は保険が適用されないため、高額な費用が必要になります。

小児歯科とは成人に至るまでの患者を担当する歯科で、成長発育に関する知識が必要となります。

歯や口内環境

歯や口内環境はとても大事なものだと言われています。 そういった場所にトラブルが発生すると、ビジネスや学業などに大きな支障があらわれる場合も存在します。

アマルガムや歯科に関するサービスをよく知っておいた方が良いかもしれません。 普段のお手入れを進める事も大事な行為ですが、歯やそれに付随するサービスやアイテムを、 知っておく事も、一つの対応策です。対応出来るサービスやアイテムを知っておけば、安心する事も可能です。

歯のトラブルを回避してくれるアイテムやサービスを事前に知っておけば、 大きなアクシデントの発生自体を防ぐ事が出来るとも言われています。